Home > Studiare il giapponese in Italia > Lavori dei nostri studenti

Composizioni dei nostri studenti

2015
 
Composizioni dei nostri studenti 2015
  Corsi di giapponese a Firenze
 
アルベルト (Livello: Intermedio)

「好きなスポーツ」
私はスポーツの人ではないけど、子供の時から海でボディーサーフィンというスポーツをしている。海に入って、波を待って、波が来たら、それに乗って海岸へとぶ。簡単ではない。反対に、いい波を待つ、正しい時間をさがす、体のポジションを決める、これはふくざつなことだと思う。すなわち、体で波を感じなければならない。難しいが、全部がよくいったら、すばらしいきもちになる。つまり、いるかになるように。
2014
 
Composizioni dei nostri studenti 2014
  Corsi di giapponese a Firenze
 
アルベルト

私は、生きていくうえで大切なことは明るい生活だと思う。明るい生活をするうえで大切なことは、けんこうと少しのお金だと思う。さらに幸せも大切だ。幸せに生きて行くために、自分なりに工夫していることがある。先ず、小さなことに幸せをさがさなければならない。例えば、歩いたり、雑誌を読んだり、スパゲッティを食べたりすることだ。そのあとで、むずかしい本や、ふくざつな料理、自分が息をしていることにも幸せをさがせる。そして、最後に、てつがくやしゅうきょうなどがあると思う。
2013
 
Composizioni dei nostri studenti 2013
  Corsi di giapponese a Firenze
 
アルベルト
「わたしの国の伝説」

 昔、昔、シエナの町の近くに、フランチェスコという若者が住んでいました。フランチェスコははんぎゃく者らしくて、いつも一人でした。毎日古くて、汚い服を着ていて、動物と話すことができました。

 そのころ、シエナの近くのグッビオという町に、ひどいおおかみがいました。町の人はみんなこわがって、家の中でくらしていました。ある人がフランチェスコに
「きみは動物と話せると聞いた。あのおおかみに話しに行ってきてくれ。」
と言いました。フランチェスコは
「わかった。私たちをこわがらせないでと、おおかみに言ってくる。」
と言って、おおかみに会いに行きました。

 おおかみは大変でしたが、フランチェスコはやさしく話しかけました。
「おおかみさまがひつじを食べて、人々をこわがらせるのは悪いことですけど、おおかみさまは悪くありません。おおかみさまはおなかがすいたから食べるのです。これはしぜんのことです。私はおおかみさまの気持ちを知っています。」
と言って、フランチェスコはおおかみの手を取りました。その時、おおかみは泣き出しました。フランチェスコは
「泣かないで下さい。これから悪いことをしないで下さい。」
と言いました。そして、フランチェスコとおおかみはいっしょに町に帰りました。

 町の人はびっくりしましたが、よろこびました。フランチェスコに礼を言うと、この日から町の人々は毎日おおかみに食べ物をやるようになりました。

 この伝説は中部イタリアの伝説です。中部イタリアにはフランチェスコの伝説がたくさんあります。伝説の中のフランチェスコはしんせつで、問題をかいけつします。フランチェスコがいた時代はむずかしくて、きびしい時代で、人々は「愛」をさがしていました。だから、このような伝説が作られました。
2012
 
Composizioni dei nostri studenti 2012
  Corsi di giapponese a Firenze
 
マウロ (senza correzioni)


月曜日クラス(日本語学習時間:約30時間)

 わたしは マリアジュリアです。
 わたしの うちは フィレンツェです。 かいしゃで はたらきます。かいしゃの なまえは Graphic&Web Designerです。月よう日から 金よう日まで はたらきます。
 土よう日の ごご わたしの いぬと カッシーネこうえんを さんぽします。クラシックおんがくと 日本の おんがくを ききます。 コンピューターと サイエンス・フィクションの 本を よみます。 ときどき ともだちと えいがを みます。 ときどき かぞくと びじゅつかんと レストランへ いきます。
 まもなく わたしの たんじょう日です。 わたしの たんじょう日は 五月九日です。 
2011
 
Composizioni dei nostri studenti 2011
  Corsi di giapponese a Firenze
 
マッシモ(日本語学習時間:約90時間)
「わたしの なつ休み」

 今年の なつ休みに わたしは エマヌエレさんと うみへ 行きました。わたしたちが きょねん 行ったところへ もう一ど 行きました。町の 名前は リド・ディ・クラッセです。ラベンナの 近くに あります。リド・ディ・クラッセは ゆうめいじゃ ありません。でも、小さくて、きれいで、しずかな町です。一回 ラベンナへも 行って、町を 見物したり、びじゅつかんへ 行ったり、きょうかいを 見たり しました。うみには 一週間 いました。そして、フィレンツェへ 帰りました。
 フィレンツェは とても あつかったですから、プールへ よく 行きました。十二月に ローマへ しけんしに 行きたいですから、日本語も たくさん べんきょうしました。
 わたしの なつ休みは にぎやかじゃ ありませんでした。でも、とても たのしかったです。

マッシモ


ガエターノ (日本語学習時間:約90時間)
「わたしの なつ休み」

 わたしは なつ休みに どこへも 行きませんでした。日本語を べんきょうしましたから。しかし、8月15日に かぞくと 山へ ピクニックに 行きました。
 母は あねと 15日の 朝 ひるごはんを つくりました。パスタや にくや くだものなどが ありました。それから、わたしは 父と ひるごはんと いすと テーブルを 車に いれました。
 わたしたちは 10時に でかけました。山では まず ごはんを 食べました。食べ物は ちょっと つめたかったです。でも、とても おいしかったです。つぎに わたしたちは ゲームを したり、さんぽしたり しました。わたしの 母は ジャムを つくると いいました。だから、キイチゴを あつめに 行きました。それから、うちへ 帰りました。とても たのしい一日でした。

ガエターノ

2010
 
Composizioni dei nostri studenti 2010
  Corsi di giapponese a Firenze
 
マッシモ (日本語学習時間:約40時間)
<てがみ>

 カテリーナさん、おげんきですか。
 フィレンツェの せいかつは とても いそがしいです。しごとは むずかしいですが、とても おもしろいです。
 もう 11月です。でも、さむくないです。わたしは 日本ごを べんきょうします。いつか いっしょに べんきょうしませんか。
 あたらしい ビデオを かいました。わたしの うちへ きたとき、いっしょに みましょう。

マッシモ


ガエターノ (日本語学習時間:約40時間)
<てがみ>

 はじめまして。わたしは ガエターノです。イタリア人です。わたしの たんじょう日は 1月31日です。
 わたしは てんいんです。月よう日から 土よう日まで はたらきますが、水よう日の ごご やすみます。しごとは まいにち 7じ30ぷんに おわります。あまり いそがしくないです。でも、人に たくさん あいますから、おもしろいです。
 わたしは 日本の まんがと アニメが とても すきです。そして、日本の りょうりも すきです。おいしいですから。
わたしは たぶん らいねん 日本へ いきますから、いま 日本ごを べんきょうします。日本ごの じゅぎょうは いつも 水よう日の ばんです。日本ごの せんせいは しんせつな人です。じゅぎょうは たのしいですが、むずかしいです。
日本は どんな くにですか。日本人は どんな 人ですか。日本の せいかつは どうですか。わたしは たぶん らいねん 日本を わたしの 目で みます。

ガエターノ


レオナルド

News! 2017

tutto sul Giappone - Info sul Giappone
TADOKU LIBRARY
Esercizi di giapponese gratis
|    home   |    chi siamo   |    privacy policy   |    contatti   |    lavora con noi   |   

Copyright © 2017 Scuola DM Toscana - via de' benci, 23 50122 Firenze ITALIA - All Rights Reserved.
Valid XHTML 1.0 Strict   CSS Valido!